家族葬にも必要な各方面への配慮

家族葬をより良いものにするために

家族葬とは家族や親族だけで行うお葬式のことで密葬とも言います。親しい人だけで温かく故人を送ることができる、故人や遺族の理想のお葬式をカスタマイズしやすい、費用が抑えれるなどたくさんのメリットがありますが、家族葬を成功させるのに忘れてはならないのが故人が生前にお付き合いがあった人々への配慮です。
もし身内だけで葬儀を済ませることに集中してしまえば、「亡くなったのを知らせないなんて水臭い」「最期のお別れをしたかった」など周囲の人々に残念な思いをさせてしまうこともあるからです。また、家族だけのお葬式のはずが「挨拶を」「お香典を」と訪問する思いがけない来客の対応に追われることにもなってしまいます。
そのような事態を避けるためにも葬儀の前に周囲の人々にきちんと家族葬で故人を送りたい旨をしっかりと伝えておきましょう。しかし、故人には遺族が思いもつかないお付き合いがあったりもします。やはりお通夜や葬儀にある程度の弔問客があることを予想して、お料理やお返しの品などを準備しておくと安心でしょう。あとは様々な経験のある葬儀屋さんからもアドバイスを受けておくことも大切です。家族葬は簡素ではありますが、簡単ではありません。しっかりと周囲に配慮することがより良い式にするためのポイントになります。

家族葬を選ぶ理由

亡くなった方を見送る葬儀の方法として家族葬というのがありますがこれは家族や親族間だけで葬儀をする方法で亡くなった方のお友達等を呼ぶ事はありません。何故家族葬を選ぶかというと理由の一つに亡くなった方の友人関係等が希薄になってしまっている事が上げられます。お年寄り特に亡くなる前数年は体力が低下する事もあり家の中で過ごす事が多くなっていきます。それが介護を受けている人なら尚更でお友達を家に招く事はあまり無いはずです。
そしていざ亡くなった時ご家族がしばらく会っていない人を呼ぶのを悩む事があり家族葬を選ぶ事によってスムーズに葬儀を執り行う形が増えています。費用も親族間で葬儀を行うので押さえる事ができ、金銭面の負担を軽減する事も可能です。また他に亡くなる前に生前家族葬を望む人がいます。
亡くなる前に家族の事を考えて身辺整理をして葬儀が安く済むようにする、そんなお年寄りも増えています。たまにニュースで話題になっている終活にも当てはまり、亡くなった後の事を本人で決めて家族葬をするのはこれから広まっていくかも知れません。家族葬を望んでいた場合には出来る限り亡くなった方の意思を尊重して葬儀を執り行ないたい所です。

Copyright(C)2018 数ある葬儀スタイルの中で右肩上がりの人気を誇る家族葬 All Rights Reserved.