形式に囚われない家族葬スタイル

家族葬のいいところ

家族葬は最近増えつつある葬儀の形です。親から頼まれてこの形にしたり、その人のことを想ってこの葬儀にする人もいるでしょう。この家族葬にするといいことがいくつかあるのでそれを考えていきたいと思います。

まず家族葬は葬儀される人を本当に想っている方が集まるので雰囲気も統一感があり、さらに葬儀される人にとってはこの上ない見送りでしょう。少ししか関わったことがない人を呼んでも見送る側と見送られる側両方いい気持ちになれないかもしれません。確かに多くの人に感謝されるような人の葬儀は大きくしてもいいかもしれませんが、普通の方々は大切な人に見送られれば心は安らかになると思うので少人数でも変わらないと思います。

他のいいところはお金がかからないことです。これは別に故人に感謝してないということではありません。まず葬儀をする気持ちがあるということは故人に感謝していて見送りたいと思っている証拠です。お金をかければいい葬儀になるかどうかは別だと思います。気持ちが一番重要だと思っているので、別にそこがちきんとしていれば家族葬でもいい葬儀になると思います。

よって家族葬は故人のことをよく考えたもので、さらには負担も少ないのでおすすめです。

家族葬と普通の葬儀の違い

葬儀にも色々な種類があります。そのなかで家族葬というのを聞いたことはありますか。家族葬というのは故人の家族や親族のみで行う小規模な葬儀です。ここでは家族葬と普通の葬儀の違いを考えていきたいと思います。まずは規模だと思います。普通の葬儀は故人の家族はもちろん友人や会社の人たちや連絡を取り合っている人など故人と関わりがある人を呼ぶので大規模なものになりやすいです。
一方家族葬は家族や親族だけなので人数的に小規模になります。しかし規模が大きかろうが小さろうが故人を思う気持ちがあればどちらでもいいと思います。しいていえば規模が大きくなるほどかかる費用も増えていくのでそれは自分の経済状況などをよく考えた上での決断をすればいいと思います。そして家族葬は葬儀の形式を選ぶことができます。
普通の葬儀だと仏式ならそれでしないといけませんが、家族葬では仏式から無宗教の葬儀まで幅広くできます。家族葬は多くの人がいないので葬儀のやり方もその家族次第ということになるので故人をより思った葬儀をすることができます。家族葬と普通の葬儀は多くの違うとこがあるものも故人を想っての葬儀という点では変わりません。のでどちらでしてもきちんと見送れると思います。

Copyright(C)2018 数ある葬儀スタイルの中で右肩上がりの人気を誇る家族葬 All Rights Reserved.