コストだけじゃない家族葬の良さ

家族葬が選ばれる理由とは

昨今では全国的に家族葬を選ぶ方が増加傾向にあります。家族葬が選ばれている理由の一つには費用の問題があります。従来の一般的な葬儀の場合では多数の弔問客に対応するための広い会場に飲食代や返礼品等の接待費、葬儀に見合う道具やお花代等に掛かる費用を合わせると地域差はありますが平均で約二百万円程度と言われています。
対して家族葬の場合には文字通り親族や生前親しかった一部の友人のみで故人を見送るのがコンセプトなため、戒名代を含めても五十万円程度からと一般的な葬儀に比べて格段に費用を抑えることが出来るのです。最近では故人が家族に掛かる経済的負担を減らすために生前に遺言で家族葬を希望するケースも増えていることからも、現代の日本における宗教観が変化していることも理由に挙げられるでしょう。
家族葬を選ぶ人の中には、これらの理由の他にも家族のみで静かに故人を見送ってあげたいという考えもあると言います。家族が亡くなった悲しみの癒えないうちに縁のそれほど深くない多くの弔問客に対応することは遺族にとって大きな精神的負担にもなり得ます。経済的な問題のみならず故人や遺族の思いに加えて、時代の移り変わりに伴う従来の葬儀に対する考え方の移り変わりが家族葬を選択する理由と言えます。

需要が増えている家族葬の良さとは

最近は家族構成の多様化などに伴って葬儀のかたちも様々になってききました。なかでも特に需要が高まっているのが家族や親族だけでする家族葬です。家族葬と聞くとこじんまりとしていてなんとなく寂しそうな印象を持ちますが、実際にはそんなことはありません。
普通であれば、来られる参列者の人にあいさつをしたりお礼を言ったりとその対応に追われバタバタと過ごすことになり、ゆっくり故人との時間を過ごす時間もなく慌ただしく終わっていきます。でも家族葬の場合は、大事な人との最期の時間を本当に親しかった人達だけでゆっくりと過ごすことができるので、より思いのこもった葬儀をすることができます。
また、全体の式の流れとしては通常の葬儀とそんなに変わりはありませんが、家族葬は全てが小規模になってくるのでかかる費用をかなり抑えることができるのも家族葬のいいところです。決していい加減に葬儀を済ますということではありません。
本来の葬儀の目的を見つめなおしたかたちと言っても過言ではないでしょう。色々な葬儀のかたちを選択できるようになった今、規模や形式ばかりに囚われるのではなく、本当に故人のことを思った最適な葬儀のかたちというものを改めて考えたいものです。

Copyright(C)2018 数ある葬儀スタイルの中で右肩上がりの人気を誇る家族葬 All Rights Reserved.