家族葬を選択する方が増えている理由

大切な人との別れの時間を持てる家族葬

従来の葬儀では会場を借り、そこで亡くなられた方との別れの時間を大勢の弔問客とともに過ごすのが一般的でした。しかし、近年では高齢化が進んだ影響から本来であれば弔問客として姿を見せるはずの人たちがすでに亡くなられているといったケースも珍しくはなくなっています。
そのため、そのようなご家庭では従来のように大々的な葬儀をするのではなく、ごく少数の親族のみで行う家族葬が好まれています。家族葬とは文字通り、遺族や親族などの亡くなられた方にとってごく近しい間柄の人たちのみで執り行われる葬儀なのですが、このような葬儀には遺族にとってメリットがあります。
たとえば、従来のような葬儀の場合、大勢の弔問客に対応できるように会場を借りる必要がありましたが、家族葬はごく少数で亡くなられた方との別れの時間を過ごすことになるので葬儀会場が自宅でも問題はありません。
また、家族葬では遺族の方が弔問客に応対する必要性もないので、家族が亡くなったという悲しみの中で弔問客の応対をするといった余計な気苦労をせずにすむのです。そのため、家族葬では亡くなられた方との別れの時間を誰にも気を使うことなく持つことができるのです。

大切な人を安らかに見送れる家族葬

昔はたくさんの人を招き、盛大に行うことが多かった葬儀ですが、最近では家族葬が人気です。家族葬とは、その名の通り家族で見送る葬儀のことをいいます。しかしこの家族葬に参列できる方の範囲というのはどういったものなのでしょうか。一般的には故人の両親と夫婦関係にあたる方、およびその子どもから子どもの家族、夫婦関係にあたる方の両親と考えられますが、はっきりとした定義で決まっているわけではありません。
なので、血縁関係にあたる全員の方が参列できると考える方もいらっしゃいますが、その考えも全くおかしな話ではありません。双方の思考が食い違い、当日になってトラブルが起こる前にしっかりと伝えることが重要です。葬儀は急にやってくるものなのでしっかりとした準備はできませんが、家族葬は故人がゆっくりと安らかに休める時を過ごす大切な葬儀ですので、全員が納得できるように注意が必要です。
そんな家族葬ですが、葬儀社の中では環境から故人やその家族にも安心してもらえるように、まるで家の中のような空間の葬儀場が増えてきており、さらに故人が好きだった料理をもてなしてくれたりなど、「最期の時」というところに細部までこだわったアットホームな葬儀社が非常に人気になっています。

Copyright(C)2018 数ある葬儀スタイルの中で右肩上がりの人気を誇る家族葬 All Rights Reserved.