コストから考える家族葬という選択肢

費用を節約できる家族葬にかかる料金

家族葬とはその名の通り近親者のみで行う葬儀のことで、葬儀費用が抑えられる、弔問客に対する礼儀上や儀式上の気配りが不要なのがメリットで、香典が集まらない、近隣住民の協力が得られない、といったデメリットもありますが、最近では「葬儀に多額のお金をかけたくない」というニーズが増えていて少しずつ家族葬が広がっています。
家族葬で気になるのが料金です。一般の葬儀会社へ頼むといろいろ後から追加料金が発生して「結局、普通の葬儀と費用があまり変わらなかった」なんてことも。でも最近は葬儀会社以外でも葬儀のサービスを提供している企業があり、そのような企業のサービスを利用すれば費用を安く抑えることが出来るんです。
例えばある葬儀会社では家族葬のサービスを定額セットの約50万円で提供しています。葬儀会社と言えば「料金が不明瞭」というイメージがありましたが、最近では最初に料金を提示されているので安心できます。この料金には搬送料、祭壇費用、葬儀場料金、火葬料金、ドライアイスなど必要なものが一通り含まれています。料金は手ごろでも24時間365日で送迎や安置に対応し、納棺の儀式、通夜、告別式、初七日法要、そして火葬までしっかり行ってくれ、死亡届の提出、火葬許可証の申請も代行してくれるので頼りになる感じがします。明朗会計で料金は50万円程と一般の葬儀の数分の一に抑えられサービスも充実しているなら言うことなしですね。このようなサービスが登場してきているので、家族葬を行う際は参考にしてください。

家族葬のメリットについて

費用が安く済むこと、大勢の人を呼ばずに済むこと、これが家族葬のメリットです。普通の葬儀を行う場合、少なく見積もっても200万円ほどの費用がかかりますが、家族葬の場合、その費用を数十万円に下げることができます。なので、葬儀費用を出来るだけ抑えたい人にはお薦めの葬儀方法だといえます。この、葬儀のコストを大きく抑えられる点以外にも、家族葬には強みがあります。
それは、葬儀に呼ぶ人の数を抑えられることです。一般の葬儀の場合、ほとんど付き合いのない親戚や、知人まで呼ばないといけないので、葬儀会場の確保が大変ですし、香典返しや食事提供なども面倒です。それに比べると、家族葬は文字通り家族の葬儀なので、あまり関係のない人を呼ばずに済みます。本当の家族と友人だけで、ゆっくりと葬儀をすることができること、それも家族葬のメリットなのです。
葬儀のコストを劇的に下げられる上に、身内以外を呼ばなくて済む家族葬は、実に現代的な葬儀法です。地方の方だと、昔ながらのしきたりに悩まされたりして思うように家族葬ができないかもしれませんが、都会の方なら、特に問題なく家族葬を行えますので、葬儀の方法に悩んでいるなら、家族葬を検討してみるといいでしょう。

インフォメーション

コストだけじゃない家族葬の良さ

家族葬が選ばれる理由とは 昨今では全国的に家族葬を選ぶ方が増加傾向にあります。家族葬が選ばれている理由の一つには費用の問題があります。従来の一般的な葬儀の場合では多数の弔問客に対応するための広い会場に飲食代や返礼品等の接待費、葬儀に見合う道具やお花代等に掛かる費用を合わせると地域差はありますが平均で約二百万円程度と言われています。 対して家族葬の場合には文字通り親族や生前親しかった一部の友人のみで故人を見送るのがコンセプトなため、戒名代を含めても五十万円程度からと一般的な葬儀に…

READ MORE

形式に囚われない家族葬スタイル

家族葬のいいところ 家族葬は最近増えつつある葬儀の形です。親から頼まれてこの形にしたり、その人のことを想ってこの葬儀にする人もいるでしょう。この家族葬にするといいことがいくつかあるのでそれを考えていきたいと思います。 まず家族葬は葬儀される人を本当に想っている方が集まるので雰囲気も統一感があり、さらに葬儀される人にとってはこの上ない見送りでしょう。少ししか関わったことがない人を呼んでも見送る側と見送られる側両方いい気持ちになれないかもしれません。確かに多くの人に感謝されるよ…

READ MORE

家族葬を選択する方が増えている理由

大切な人との別れの時間を持てる家族葬 従来の葬儀では会場を借り、そこで亡くなられた方との別れの時間を大勢の弔問客とともに過ごすのが一般的でした。しかし、近年では高齢化が進んだ影響から本来であれば弔問客として姿を見せるはずの人たちがすでに亡くなられているといったケースも珍しくはなくなっています。 そのため、そのようなご家庭では従来のように大々的な葬儀をするのではなく、ごく少数の親族のみで行う家族葬が好まれています。家族葬とは文字通り、遺族や親族などの亡くなられた方にとってごく近し…

READ MORE

Copyright(C)2018 数ある葬儀スタイルの中で右肩上がりの人気を誇る家族葬 All Rights Reserved.